◆ 包みスナップボタンの作り方 ◆
 
コートなどで、コートと同色のスナップがない場合などに
裏地などの薄い素材で、一般的合スナップをくるむ方法です。



(1) スナップを用意します。大きさや形状がそれぞれで、写真のものは直径2センチ。


(2) 図のように、裁断する生地の大きさを割り出します。
   見本のスナップは、a寸法が20ミリ、b寸法が6ミリ、
   c寸法は21ミリ、d寸法が7ミリ、e寸法が3ミリなので、
 
   凸の方は、直径32ミリの円形で、生地を裁断します。
   凹の方は、直径41ミリの円形で、生地を裁断します。
 
   実はそんなに厳密な話でもないのですが、大体こんな寸法です。



(3) 小さい方の円の、真ん中に、印を入れておきます。



(4) 凹の生地も、凸の生地も、周囲を2〜3ミリでぐし縫いして縮めます。


 
(5) 凹は、縮めたところに、スナップを入れ、絞られた状態で、もう一周ぐるっと
  縫って、さらにしっかりと絞り、玉どめして固定します。


 
(6) 凸は、同じように縮めますが、先ほどの点のところに目打ちを、ぶすっと刺し、
  かなりの大きさの穴をあけます。


 
(7) その穴に、凸のスナップの凸の部分を押し込みます。
  なかなかすぐには入らないこともあるかもしれませんが、力を入れて。 
  そのあとは、凹と同じように、絞って、ぐるっともう一周縫って、とめます。



(8) 凹のへこみ部分は、凸をはめ込むことで作ります。ぐっと押し込んで、


 
(9) ばちんとはまるまで、押し込みます。生地が適当に破れておさまります。
  もしもここで、生地が破れずに、抵抗で戻ってきたりするなら

 
(10) 穴の真ん中を、糸切狭などの先を入れて、切り込みます。
   そこで、もう一度、凸をはめ込んでみます。



(11) 穴が開きました。


 
(12) 最後に、この包みスナップは生地を被せてしまうと穴の位置がわかりにくくなるので、
   糸でコートに縫いつける前に、穴の位置を目打ちなどで印しておくのが
   おすすめです。ここまででスナップは完成です。